SPORTS-NET PRO SKI SCHOOL

★冬季アルバイトスタッフ求人情報★

 
 学生スタッフが活躍中!
〜当スクールでは、若い元気なスキーヤーを応援しています。〜

若年層のスキーヤー、スノーボーダーが減少する中、当スクールでは元気いっぱい多くの若手スタッフが活躍しています。技術や経験の少ないスキーヤーでもハートがあれば上手くなります。上手くさせることが出来ます。
 

たくさんの同世代の仲間や外国人スタッフ。

そして、様々な性格を持った小・中学生たち。

そんな環境だから必然的に「コミュニケーションスキル」が身に付きます。

多くの学生たちから『就活に役立った!』といった声を聞きます。  

 

感受性の高い今だからこそ、たくさんの楽しさを感じて下さい。

そして、感じ取ったものをたくさんの人に伝えて下さい。

 
【活躍中の学生スタッフをご紹介】
現在、スポーツネットで活躍中の学生スタッフをご紹介します。 是非、彼らの本音の声をお聞きください。
また、ここに紹介したスタッフですが現在は資格持ちですが、最初はほぼ初級者程度でした。
     
廣瀬 駿(21)    
・摂南大学 外国学部 4回生
・5年目
・SIA ステージT(2014取得)
 
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
高校3年生の冬、時間にも余裕があり住み込みのアルバイトをしたいという思いがあったのでスポーツネットで働こうと思いました。

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
スキーは数回しかしたことない初級者でした…。

 

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
主に小中学生の団体レッスンを担当しています。土日には一般のお客様にレッスンを行っています。レッスン終わりにはスタッフのレッスンも行っています。

Q. スクールに所属して良かったことは?
インストラクターの資格を取得できたことです。当時、私は目標や目的もなくスクールに所属していましたが、自然とインストラクターの資格を取ることが目標になっていました。このスクールでは必ず一人一人目標ができこの目標に対して先輩方は必ず協力してくれます。無事、資格を取得することもでき、今では私の自慢話の一つになっています。

 「就活に役立った!」

就職活動を通してスポーツネットでの経験は大きな自信につながりました。就活生で「コミュニケーション能力があります!」と口にする人がよくいますが、私はスポーツネットで誰にも負けないコミュニケーションを身につけたと誇ることができます。レッスンの相手は主に小中学生です。彼らはとても素直で、自分のレッスン内容やコミュニケーションの取り方によって彼らの反応はまったく変わってきます。「どうしたらしっかりと伝える事ができるか?」「どうしたら相手から伝えてもらえるか」を常に意識していました。常に考えるコミュニケーションを意識することによって企業の面接においても相手が何を求めているのかを読み取ることができました。
結果、第一志望である企業から内定をいただくこともでき、この経験にとても感謝しています。

 

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
スポーツネットにはウィンタースポーツ好きはもちろん個性的なスタッフがたくさんいます。お互い刺激しあえる環境があるので、スキーもうまくなりますし、人としてもかなり成長します。ぜひ普通では味わえない環境に飛び込んできてください!絶対に損はしません。

 

     
久瀬 加織(20)    
・びわこ成蹊スポーツ大学 3回生
・4年目
・SIA ステージT(2015年取得)
 
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 自分の得意なスキーを生かした仕事がしたいと思っていました。インストラクターの募集を見て、毎日滑れてお金が稼げるし、オフも滑りたい放題!こんな良い仕事はないと思いました。

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
 私は中高共にスキー部でした。中学1年生からアルペン競技をはじめ、高校1年生でクロスカントリースキーに種目を変更して、クロスカントリースキーではインターハイや国体にも出場していました。

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 基本的には小学生や中学生の雪上実習などの団体レッスンを担当していました。レッスンというよりかは、スキーを使って子ども達に楽しい時間を過ごしてもらう事を目標にしていました。

Q. いつからどのくらいの期間、雪山に篭っていましたか?
 1月下旬から、3月中旬までの約1か月半篭っていました。でも、あっという間でした!

Q. スクールに所属して良かったことは?
 ますますスキーが大好きになりました!周りはみんなスキーが大好きな人達ばかりでスキーの事を熱く語れる仲間が増えました。技術面でも先輩から丁寧に優しく教えてもらったり、教えてもらった事を空き時間に練習したり、スキー場にいるからこそすぐ実践できるし、すぐ改善できる事がなにより一番の成長のポイントだと思います。
たくさんの人と出会って関わって、子どもたちの笑顔に囲まれて毎日楽しくレッスンできることがとても幸せです。

Q. 雪山での共同生活でよかったことは?
 とにかく毎日が楽しかったです。同世代の仲間とスキーだけでなく色々な話をしたり、時には協力して食事のお手伝いをしたりして過ごしていました。共同生活は周りの事も考えて行動することが大事なので、集合時間の厳守や5分前行動など自立した生活が送れるようになったと思います。

Q. 大変だったことは?
 共同生活なので部屋の掃除が大変でした。あと、人数が多い時は、洗濯機を回す順番を少しでも早く取れるように洗濯物を持って行動していた事もありました。

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 スキーが初心者だという人でもやる気さえあればできちゃうんです!インストラクターとして仕事をする事で、自分自身の技術向上はもちろん、自分が担当する生徒さんの成長を見たら思わず笑みがこぼれます。なによりスキーを楽しい!と笑顔で言ってくれる子ども達とのレッスンは毎日が宝物に思えます!共同生活などで不安を持っている人も多いと思いますが、スポネの先輩達はみんないい人たちばかりです!みんなで鍋を囲んでつつけばもう家族同然です!今まで知らなかった世界をスポネで体験してみませんか?白銀の世界でお待ちしています!!

 

     
古谷 美奈実(21)    
・大阪樟蔭女子大学 4回生
・5年目
・SIA ステージT(2015年取得)
   
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 兄が他のスクールでインストラクターをしていて話を聞いて、格好良くてやってみたいと思っていた時にネットで見つけ、しかも関西やし短期間からいけるし送迎などもあり魅力的だったので応募してみました。

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 主にスキー合宿に来た小学生や中学生に楽しんでもらいながら技術が上達するようにレッスンします。土日は小さい子から大人の人までの一般のレッスンもあったりします。

Q. いつからどのくらいの期間、雪山に篭っていましたか?
 年末年始と、短期間でいけるので学校のある1月は土日だけ、学校が休暇に入る2月はほぼずっと篭ります。

Q. スクールに所属して良かったことは?
 スキーが上達したこと、先輩達が熱心に教えてくれること、自分の長所短所が見つかったこと、生徒達が楽しいってゆってくれたら嬉しいこと、人に何かを教えたり伝えたりすることの難しさと楽しさと上手くいった時の嬉しさがわかったこと、などいっぱいです!

Q. 雪山での共同生活でよかったことは?
 とにかく楽しい!出会いもいっぱい!学生が多いですが男女いろんな年齢の人とか地方から来てる人とかおもろい人ばっかりです!毎日一緒に生活して仲良くなれるしいろんな話聞けるしいい経験です!

Q. 大変だったことは?
 自分のことは自分でして、周りのことも考えて行動しないといけないこと。部屋が大人数一緒なこと。

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 いい経験やしみんないい人で人間関係の幅が広がるし、いつの間にかスキーも上手くなってるしレッスンは難しいけど上手くいった時はほんまに嬉しいし、一回来たらまた来たいて思うと思います。一緒に頑張って楽しみましょ〜う!!

 

 
【卒業生】
     

学生時代に活躍してくれたスタッフ。

現在は非常勤スタッフとして活躍してくれています。

     
岡田 里菜(23)    

・立命館大学 スポーツ健康科学部 卒
・6年目
・SIA ステージU(2014取得)

・就職内定先 人材サービス系企業

 
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 高校3年生の時推薦で大学が決まり、入学までの間にできる短期バイトを探していてこのスキースクールを見つけました。子どもが好きなのでピッタリだと思いました。

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
 小さい頃から家族と年間2〜3回滑っていました。資格などはなく板をそろえて滑れる程のレベルでした。

Q.スクールではどんな業務をしていましたか?
 週末に一般のお客様のレッスンを受け持っています。平日はスタッフにスキー指導をし、スクール全体の技術レベルの向上に努めたり、学校団体のレッスンが円滑に進むための様々なお手伝いをしています。また、大学2、3回生の夏にはニュージーランドキャンプにアシスタントとして参加しスクール運営のお手伝いをしました。

Q. いつからどのくらいの期間、雪山に篭っていましたか?
 冬休み、春休み、夏休みなど大学が休みの時は自分の意志で山にいました!「自分のやりたいことを全力でする」を応援してくれる雰囲気です♪  私は偶然やりたいことがスキーだっただけなので、自分の空き日程を利用してアルバイトができますよ!

Q. スクールに所属して良かったことは?
 業務では子ども達の成長を目の当たりにできることがとにかく楽しいです!他にも学生レベルでは普通はなかなかできないような貴重な経験ができ、少しずつ学びながら成長することができました。また、就職活動でその経験を伝えたところ、就活解禁の3月から2ヵ月後には第一志望の会社に内定をいただきました。スクールでの経験が役立ったので本当に良かったです!

Q. 雪山での共同生活でよかったことは?
 「自分のことは自分でする。」掃除、洗濯、食事の片付けを自分達でします。一見当たり前のことですが、親に甘えていた自分と、いつもしてくれていた親の有り難みに気付けました!

Q. 大変だったことは?
 ご飯がおいしいので食べ過ぎてしまって太ります。元の体重に戻すのが大変です。※個人差があります。(笑)

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 「学歴」、「経験」、「資格」そんなもの、一切関係ありません!皆が一からのスタートです!少しでも「やってみたい」と思っているのなら、是非山に来てみて下さい。以下の学生インストラクター達の紹介を読んでいただければ分かると思いますが、スクールでは皆がそれぞれに目標を持ち、やりがいを感じてスキー指導をしています。時につまずきながら、それでも笑って共に指導の現場に立つ彼らは私にとって一生の宝物です!あなたも是非、人生の宝物となる人達に出会いに来てください!きっと見つかります。たくさんの仲間と過ごす、楽しくて圧倒的に濃い冬を一緒に過ごしましょう!

     

     
前川 右京(24)    

・摂南大学 卒
・4年目
・SIA ステージT(2015取得)

・現在、冬はスポーツネットスキースクール 副主任

 夏はスポーツネットラフティングでガイドとして活躍中!

 

Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 昔からスキーインストラクターはやってみたいと思っていて、大学在籍時に休学し時間ができたのをきっかけに志望しました。一番下手なの覚悟でした。

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
 年に0〜2回家族でスキーに行く程度でした。
レベルは板を並行に揃えて滑るパラレルができる程度です。

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 学校行事として2〜3日間スキー教室を受けにくる小中学生の団体レッスンをほぼ毎日担当しています。
たまに幼稚園児を受け持つ事もあります。幼稚園のレッスンは結構得意で、幼稚園キラーなんてあだ名もつきました。

他には、後輩のスタッフに対しても技術研修を行ったりしています。

Q. いつからどのくらいの期間、雪山に篭っていましたか?
 シーズン中ずっとです!レッスンが始まるころ(12月下旬)から終わるまで(3月上旬)まではいます。
そのあとは、中ごろまで自分の練習をしたり片付けしたりしてます。

Q. スクールに所属して良かったことは?
 山にいる間はスキーのことだけ考えて、スキーばかりしてるので必然的にうまくなります。
受け持つ生徒に対してどうすればうまくなるかを考えなければいけないので、スキーに対する理解度が飛躍的に上がります。
あとは、スキーインストラクターですって自慢できます!

Q. 雪山での共同生活でよかったことは?
 色んな方面の人に出会えることです。自分が知らない世界の話を聞くのはとてもワクワクします。
同世代の友達はもちろん、歳の離れた人や外国人のスタッフと喋ったりふざけ合ったりするのは楽しいです。

Q. 大変だったことは?
 自分一人の時間はほとんどないです。その代わりにいつでも話すひとだれかしらはいますけどね!

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 スキーが好き。子供が好き。教えるのが好き。なんて人はぜひ来てください!
でもあんまりスキーしたことないしって人でも問題ありません!やる気次第で技術はすぐに上達しますしレッスンすることで自分のスキルアップにもつながります。
なにより普段思いもよらなかったような何かをつかむこともあります。得るものは自分次第でいくらでもあります!

 

     
笠松 祐樹(23)    

・阪南大学 経済学部 卒
・5年目
・SIA ステージT(2014取得)

・就職先 トヨタ系ディーラー

 
   
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 スキーのインストラクターの仕事がしたい思い、大学1回生の時に先輩の紹介でSPORTS-NET PRO SKI SCHOOLに出会いました。

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
 数回しかスキーをしたことのない初級者でした。

Q. スクールに所属して良かったことは?
 先輩方やベテランの方達の熱心な指導のおかげで、1年目でSIAシルバー、2年目にはSIAステージTを取得する事が出来ました。

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 このスキースクールでは小・中学生の団体レッスンがメインです。私は子供達に「スキーってめっちゃ面白いやん!」って思ってもらえるようなレッスンを心掛けています。

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 「スキーが上手くなりたい!」「子供が大好き!」という方は私達と一緒に楽しくゲレンデで働いてみませんか?

   

     
村上 雄哉(24)    
・立命館大学 政策科学部 卒
・7年目
・SIA ステージT(2012取得)
・就職先 アウトドア系企業
 

Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 冬前に大学受験が終わり(当時高3)、時間ができたことがきっかけです。ただお金を稼ぐことができるアルバイトではなく、スキー技術等を身につけられるこの仕事を見つけた時は、すぐに応募しました!

Q. スクールに所属するまでどのくらいスキーをしていましたか?レベルは?
 僕は年に0〜2回家族でスキーに行く程度でした。

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 学校行事でスキーをはじめる小中学生へ指導がメインです。ひとつの学校に対して、2日〜3日間のレッスンをします。
僕はインストラクターをまとめるような立場でも仕事をさせてもらっています。
学生にスキー指導する中で、インストラクターが果たす役割はたくさんあります!

Q. スクールではどのような業務をしていますか?
 学校行事でスキーをはじめる小中学生へ指導がメインです。ひとつの学校に対して、2日〜3日間のレッスンをします。
僕はインストラクターをまとめるような立場でも仕事をさせてもらっています。
学生にスキー指導する中で、インストラクターが果たす役割はたくさんあります!

Q. いつからどのくらいの期間、雪山に篭っていましたか?
 冬休みを利用して1月下旬から3月上旬に篭っています。2週間に1回程度、下山して用事を済ませたり、友達と遊んだりもしています。
僕はアルバイトの中でも割と長期間、山にいます!

Q. スクールに所属して良かったことは?
 リフトが動いている限りずっとスキーができます!レッスン前後や仕事がない日には、先輩方が僕たちに、しっかりとスキー指導を行ってくれるので、絶対にうまくなります!
シーズン終盤には、SIA技術検定を無料で受けられるので、目標もしっかり持って練習できます!

Q. 雪山での共同生活でよかったことは?
 何よりも、いろんな人に出会えることです!年齢、職業、出身地、国籍が異なる様々な人と共同生活することで、新しい友達ができることは間違いありません!
スポーツネットスキースクールでは、カナダやドイツ、オーストリア等からやってくる外国人インストラクターも大勢います。もちろん英語でのコミュニケーションになるので、難しい部分もありますが、勉強になります!

Q. 大変だったことは?
 最大50人から60人程度での共同生活をする以上、最低限のルールがあります。特に大変なのは「雪かき」です....

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 山に篭っている間は本当に一日が短く感じます!ぼーっとしている時間はほとんどありません!
スキー技術はもちろん、人前に立つことが前提となるこのアルバイトで得られるスキルはたくさんあります!
一緒にハチ高原で山籠りしましょう!

 

     
増田 圭汰(24)    

・日本大学 国際関係学部 卒
・5年目
・SIA ステージT(2013取得)

・就職内定先 輸入車販売系企業

   
Q. インストラクターになろうと思ったきっかけは?
 私がスキーと初めて出会ったきっかけは小学校のスキースクールでした。当時のインストラクターの方が丁寧に根気強く教えてくださり、スキーの楽しさを知ることができました。 レーサー上がりの友達とプライベートでスキーに行った際、自分の技術の無さに加え、友達の華麗な滑りに圧倒され、「もっと上手くなりたい!」と感じました。
そんな思いから応募してみました。
Q.スクールではどんな業務をしていましたか?
 初めは小・中学生の団体レッスンを担当することが多かったです。今では生徒にスキーの楽しさを教えることに加え、新人のスタッフに自分の技術を教えることで、いかに分かりやすく理解してもらえるかを考えています。

Q. スクールに所属して良かったことは?
 昨年ニュージーランドへ行ったことや、スタッフレッスンをさせて頂いたことなど、普通に趣味としてスキーをする中では決してできないことをスポーツネットで経験出来ることはとても大きな魅力だと思います。
また、就職活動をする上で、何かのスポーツに打ち込んだ経験や実績があるとかなり有利に次の選考へ進めるのではないかと感じました。

Q. 最後にインストラクターを始めたい人に一言!
 この仕事に就いたからこそ知ることのできた知識や、仲間との絆は生涯かけがえのない存在になると思います!
皆さんも是非スキーの楽しさを子供達に伝えてみませんか!?

 

 

Copyrights © 2001 Sports-net.Inc All rights reserved.
hello@sports-net.co.jp

アルバイトスタッフ オンライン登録